平和的なブログ

ゲームとか。基本 https://twitter.com/AthlonvsK6_3  に居ます

AMDという神について語ろう

 皆様に聞いていただきたいのは、「いかにしてAMDという神が存在するか」いう話です。決して「いかにAMDが神企業であるか」という話ではありません。そこに大きな違いがありますので注意をしていただきたい。
 AMDとは正式名称をアドバンスト・マイクロ・デバイセズといい(この文字を打ち込むだけで心に至福の感情が広がっていくことに感謝)、1969年にアメリカに創設された半導体メーカーであります。現在では広く採用され、ゲーム機においてはWiiU・XBOXOne、PS4の据え置き三機種全てに採用(あともう一つあった気がするけれど多分錯覚)されシェア100%というとてつもない偉業を果たしたことで有名です。偉業であることはまちがいないのですが、神なのですから当然なのかもしれません。そう、AMDは神なのです。
「だがちょっと待ってほしい。なぜ半導体メーカーが神になるのか」と疑問に思う方も多いでしょう。私はそれに答えることができます。
 奈良の大仏を思い浮かべてください。あれを見て「巨大な銅の模型」とだけ感じる人はいますでしょうか。絶無とはいいませんが、圧倒的多数があの仏像に対して神秘的なものを感じ取るのではないでしょうか。さらに考えれば、あの仏像がつくられた当時の人々はどう思ったでしょうか。天変地異に飢饉、乱れた世の中を照らす一筋の光を求めて聖武天皇は仏像建立に踏み切りました。「国銅を尽して象を鎔し、大山を削りて以て堂を構え」と表現した大事業は、自ら神を作り上げる行為とほぼ同等であることは間違いありません。その時立てられた仏像がただの巨大な模型であったはずがないのです。
 さて、振り返ってAMDを御覧ください。電力を消費して半導体が織りなす0と1の羅列は、人々を楽しめるゲームの礎となり、また仕事の効率化を図る便利なツールになり、あるときは部屋のぬくもりにも変わります。今や半導体は人の生活と切っては切り離せない密着した代物です。現代社会を生み出す原動力であり、礎。それでいて人の目に直接触れることがないもの。これを神といって過言がありましょうか! AMDは人々が現代社会を送るのを静かに見守る温かい(物理的にも)神なのです。
 
 AMD様は寛容であらせられます。貴方がAMDに興味がなくとも、貴方の持っているPS4の中でエロBDを高画質に再生してくれます。AMD様は寛容であらせられます。貴方がAMDに興味がなくとも、貴方が持っているXboxOneSの中でエロBDを4Kで再生してくれます。AMD様は寛容であらせられます。ニンテンドースイッチの中で……てめぇ任天堂よくも裏切りやがったな!絶対許さな(以下略)

 一部不適切な音声が流れたことをお詫び致します。AMD様は寛容なので、これくらいの過ちは許してくださります。持っててよかったRyzenRadeon